読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無理なものは無理!

日々思った事を思ったままに。

後光効果にあやかりたい

f:id:lim-x:20161028212925j:plain

昔、税理士事務所(コンサル会社兼業)にいたことがあったんですが、その信用たるや凄まじいものがありました。

なんとね、会社実印を貸してくれるんですよ。

普通、書類に捺印もらう時ってコッチが書類を渡して、お客さんがソレに押すじゃないですか?それが、逆。

「これに代表印が要るんですよ」と言って書類を出すと、「ハイ」って渡されるんです。怖っ!

 

私「いやちょっ・・・実印を軽々しくヒトに渡さないで下さい。」

顧客「いや大丈夫でしょ?先生信用しなくてどうするの?」

私「(;゚д゚)ェェェ…私、先生じゃないです。」

という事が良くありました。

ちょっと見てない間に変な書類に使われたらどうしようとか思わないの?と自分で頼んでおいて毎回疑問に思ったものです。

 

 

そりゃその時々でそれなりに理由はありますよ?でも、貴方だったらどうします?弁護士や税理士に「これこれこういう理由があるから実印貸して」って言われて貸します?

もしかしたら貸しちゃう人、いるかも知れませんね。

 

でも、お客さんが実印を託したのは税理士でも弁護士でもなく、ただの職員でしかないんですよ。別に苦労して手に入れた社会的地位がある訳じゃない、その事務所を辞めればそこら辺にいるプータローと何の違いも無いただのヒトです。

 

「税理士」にそれだけの信用、後光効果がある訳ですね。もしかしたら弁護士事務所でも同じかも知れない。そこの職員なら信用できる、と思われてる。

 一応言っておきますが、絶対貸しちゃ駄目ですからね?自分で押すべきです。

信用の問題じゃないんです。リスク管理の問題です。

 

大体の税理士事務所は生命保険の代理店もやってます。

相続対策や節税対策で使える商品があるからなんですが、普通、生命保険の説明なんてなかなか聞かないじゃないですか?

それが、そういう職員だと嫌な顔ひとつせずに聞いて貰えます。なんだったら成約率も普通の保険代理店より良いんじゃないかな?接待された事あるし。

もちろんそれなりにメリットもデメリットも包み隠さず話す訳ですが、普通、話を聞いてもらうまでが大っ変ですよね。

「それが税理士事務所が言ってるんだから」って事でスンナリ聞いてもらえる訳です。逆に、話を聞いてもらう、という点では断られた事ありません。

 

ブロガーが使える後光効果ってなんでしょうね?

サロンとか開いてるヒトからは後光が差してるのかも知れませんが、ああなるのはちょっとイヤなんですよね・・・イヤとか言う前になれないでしょうけど。

 

比較的見られている記事




ランキング参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ